ラファエル セバーグ

​モロッコ生まれ、パリ育ち。1991年に

United Future Organization[U.F.O.]を結成。
1993年にジャイルス・ピーターソンが主宰するUKレーベル「Talk’n Loud」、翌年にUSレーベル「VERVE」と契約を果たし、

モントリオール・ジャズ・フェスティバル、

グランストンベリーなどの世界規模のフェスに出演。

シングル「Loud Minority」は、
アシッドジャズが花開いた
90年代の名作として知られている。
30年に渡り東京のクラブ・シーンそのものを切り拓いてきた

アーティスト、ラファエル・セバーグ, 矢部直、松浦俊夫との

ユニットとしてスタートした
United Future Organizationでは、自ら立ち上げた

レーベル Brownswood から
ワールドワイドに数多くの作品を発表し続け、

その個性は今なお世界各国の様々な
フィールドから大いなる支持と評価を集めている。
一時代を築き上げた伝説のパーティ
"JAZZIN'"
東京にクラブカルチャーを本質的に根付かせる場所となる。
松浦俊夫の脱退後も、United Future Organizationとして、
またラファエル・セバーグ として
DJ活動を積極的に展開。
ワルシャワ
[ポーランド]でのパーティや、adidas,
party

FUJI ROCK FESTIVAL 

エルメスRADIOパーソナル、
数々のフェスティバルなどで精力的に
DJをこなし

多数のソロ名義の作品も手掛け
サルサ、ブーガルー等のラテン音楽

[NY、プエルトリコ、ブラジル、キューバ etc...]
やクラブ・ジャズ ダンス・ミュージックを幅広くDJし多くの

クラバーを魅了し続けている。
UFOのメンバーとして数々の傑作を残し、

世界のクラブ・ジャズ界 に日本が世界に誇る功績を刻み、
また選曲家として『
Suite Espagnole』シリーズ、

Zanzibar』、『Descarge Latina』、『Jazzeandocubano

等の国内の最重要ラテン・ミュージックのコンピレーションの
セクレションを行い、また
2006年には彼自身の独自の

DJスタイルと世界感を網羅する
コンピレイション・シリーズ『
Beyond Borders』を

Rush Productionから出し、
1stソロ作『From El Fantasma De La Libertad』を発表。

別名義 シニョール・セバーグとして
ファニアと並ぶ傑作サルサ・サウンドの多くを
1970年代に

出し、またダンス・ミュージックの傑作を
残した名門レーベル、サルソウルの大規模な

リイシュー・シリーズに参加する。

この再発シリーズはOctave Lab/Ultra-Vybeから

20枚が発売される予定
10月にその第1弾目にリリースされるオリジナル・アルバムの

10枚を田中郁夫氏と共にセレクト
同時に自らサルソウル/メリカーナの豊富なラテン・カタログから数々の逸品を選曲した
究極のコンピレイションも同時にリリースされる

​English